サラリーマンはいいのか?

サラリーマンはいいのか?

今まで一度もサラリーマンになったことのない私ですけど、世の中がどうしてこんなにサラリーマンが多いかわからないです(笑)

でもそれはサラリーマンになるメリットとデメリットがないとこんなにもなる人がいないはずだと思います。

ここでサラリーマンのメリットとデメリットを考えてみます。

簡単に稼げるフランチャイジーの
お得情報をGETする

サラリーマンのメリット

それでは早速サラリーマンのメリットについて考えていきましょう。

安定収入がある

サラリーマンのいいところは安定して決まった給料があることでしょう。

有給休暇なんてもあるので休んでもいいですし、それに土日や祝日、企業によっては夏休みなどもあったりするみたいです。それに正月もゆっくり休めますしね。

フリーターは時給制なので出勤しないとお金になりません。休みは自分で決めるのでサラリーマンみたいに長期休暇なんてとってしまったらその月は死活問題になります。

世間的信用がある

世の中なんてほとんどがサラリーマンじゃないですか?それなのでサラリーマンベースで社会が構築されていると思います。

サラリーマンのほうが圧倒的に信用も得やすいですし、賃貸物件にも入居しやすいです。

キャッシュレス化が進む中で欠かす事の出来ないクレジットカードとかも作れて、ローンも組めますよね。

住宅ローンなんかも、フリーランスや自営業者に比べて組みやすいと言われています。

サラリーマンのデメリット

ではサラリーマンのデメリットというのはどんなものがあるのでしょうか?見ていきましょう。

時間がない

仕事する時間も週5規定時間+残業分、が基本にそれに通勤時間がまずは基本です。

さらにそのうえ、会社によっては「飲み会」「接待」などの時間があります。

携帯電話なんて支給されたら、プライベート時間でも緊急で返さなくてはいけないメールや電話の対応もありえます。

会社で必要となる試験のための勉強だったり仕事中にはできない業務に関する勉強や調べものがあったりしますね。

人間関係が運

人間関係が大変とよく聞きます。

フリーターで適当にやっていても人間関係で面倒だなと思うのにサラリーマンになったらこれが倍増するのは大変そうです。

転職する以外人間関係なんてそうそうに変えられるものではないです。

それにサラリーマンなんてなったら簡単に転職なんて出来ないでしょうし、フリーターだって変えるのはめちゃくちゃ手間ですから(笑)

こういうことで精神的に病んでしまう可能性もあって社会に復帰するのが困難になってしまうのもサラリーマンだけでしょう。

TOPページを見る