火災保険の調査は難しい?

火災保険の調査は難しい?

火災保険が補償してくれる被害は火事だけではありません。

自宅の破損箇所が火災保険の補償内容として適用されるかを業者が調査してくれるものが、被災調査というものです。

しかし火災保険の申請は建物調査など専門知識が必要になるため、個人で保険会社に申請をして審査を通すことは簡単ではありません。

ではどのような流れで申請していくのかそのあたりから見ていきましょう。

簡単に稼げるフランチャイジーの
お得情報をGETする

火災保険の流れについて

火災保険の申請の流れを把握して、実際に申請する時にスムーズに進めることができるようにしておきましょう。

実際に申請するのはお客さんですが、流れをしっておいたほうがよりわかると思います。

建物の調査・申請書の作成

まずは建物調査を本人立ち会いの元で行います。修繕箇所が見つかった場合は、実際に工事を行うための見積もりを作成してもらい業務依頼契約へ移ります。その後は、火災保険へ保険金を請求するための書類作成を業者のサポートとなります。

保険会社に連絡

書類作成が終わると、次に保険会社へ連絡して書類を提出します。保険会社への連絡は、基本的に被保険者本人が行います。

連絡する際には保険請求希望であることを伝えましょう。

審査結果を待つ

保険会社に書類を提出すると、見積額が正当であるのかを判定するために、保険会社による現地調査が行われます。鑑定には被保険者本人と業者も立ち会います。

請求内容が正当であると判断されると、被保険者の指定口座に保険金が振り込まれ火災保険申請は終了です。

審査結果の通知が来るまでの期間は、鑑定からおよそ2週間程度かかります。この鑑定というの場合によりけりなので来ても困らないようにしておくといいです。

火災保険を申請するときのまとめ

火災保険申請は、自動車保険のように予想も予防も難しい自然が原因の被害を補償するための保険となっています。

そのため、等級制度がなく、例えば何回も火災保険申請をしたとしても、保険料が上がることは無いので安心して申請が出来るので余計な心配はいりません。

そして、火災保険申請で得たお金の使い道は自由なので、旅行に行っても、貯金をしても、問題ありません。

ですが、壊れてしまっている箇所を放置しておくと大変なことになりますし、被害があるということで保険会社に認められて保険金が降りているので、生活に支障がある箇所の場合は、修繕をしたほうが無難です。

TOPページを見る