副業についての深堀り

副業についての深堀り

働き方改革の影響で副業に対してスポットが当たっています。厚生労働省も推進しておりモデルとなる就業規則も副業に関する規定が改定され、働き方の変化を起こしやすい環境下になりました。

では、実際の副業を行っている人は、どの程度いるのでしょうか。これはまだ少なく4%程度と言われています。

これからさらに伸びていくと思いますが、副業には多彩なメリットがありますが、気を付けなければならないデメリットもあります。

そこを調べていきましょう。

簡単に稼げるフランチャイジーの
お得情報をGETする

副業のメリットとデメリット

副業をやるにしたとしてもメリットとデメリットがあります。何かをするにはその通りになります。

ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

副業のメリット

副業の最大の目的は収入の増加だと思います。将来の貯蓄、生活面の充実など収入が増えることで得られる恩恵は大きいですよね。

とはいえ、副業の種類はスマホで完結するものから、専門性を活かしたものまで多種多様です。収入増加を目的とするのであれば、効率よく稼ぐのがいいと言えますね。

さらに副業を行いスキルアップすることができます。

「将来は海外で仕事を行いたい」「本業に活かせる英語やWEB系のスキルが欲しい」などとそれに関連する副業をすると良いと言われています。

副業をすることによってコミュニティーが広がるので本業で出会えなかった人たちと関わりを持つことができます。副業を通して新たなつながりを持てるメリットは大きいでしょう。

副業のデメリット

一番あることなのですが、副業を始めれば、本業と併せて就業時間は増えていきます。考えることも増えれば、肉体的にも疲労はたまります。

本業と副業を両立させるためにも、自身の健康管理は充分気を付けましょう。睡眠時間を失うほどに副業を増やしてしまうと本業にも支障が出てきて両方とも中途半端になるのが一番よくありません。

また収入が増えるので、本業以外の収入で年間20万円を超える場合、確定申告が義務付けられています。副業で収入が増えればその分だけ、手間がかかることは覚えておくと良いと思います。

まとめ

副業を通して「自分で稼ぐ力」を身に付けると、将来的に不慮の事態が起こった時、収入の柱の一つになりますね。副業ブームの今、挑戦するなら今かもしれません。デメリットがないフランチャイジーが一歩リードしているのは嘘ではありませんね。

自分の趣味にあった副業を選ぶのが何よりもいいです。

TOPページを見る