将来の生活に必要な貯金は?

将来の生活に必要な貯金は?

まだ年齢的に若いですが、将来のことを考えている人もいたりします。これがどんどん年齢が上がっていくとさらに現実になってくるかもしれません。

しかしどれくらいの金額が必要なのかわからないところもあるかもしれません。ここではどれくらい必要になるか調べていきましょう。

簡単に稼げるフランチャイジーの
お得情報をGETする

必要な資金はどれくらい?

老後生活に必要とされる貯蓄額は「3,000万円」とも「1億円」ともいわれています。

ここまで大きな幅があると、「老後の準備といっても実際にいくら必要なのかがわからない」と思われる原因だと思います。

老後に必要となる具体的な資金やその根拠について見ていきましょう。

総務省の家計調査によれば、高齢無職世帯の消費支出は月平均約24万円となっています。

この24万円の支出を、年金だけで賄っている世帯は少数派のようです。

実はこれは高齢無職世帯においては、支出が収入を上回っており、毎月赤字を出していることが分かります。

つまり、不足分は貯蓄を取り崩すか、何かしらの収入で補てんして生活しているということです。

ではどうやって老後資金を獲得していくのでしょうか。

老後資金に幅があるのはどうしてか

必要とされる貯蓄額として冒頭でご紹介した「3,000万円」を構成する要素は3つあります。

1つ目は、60歳で定年退職してから年金受給開始年齢の65歳までの5年間の生活費。2つ目は、65歳以降の毎年の赤字額。3つ目は、その他突発的な支出です。

この合計がだいたい3,000万円と言われています。

では、老後生活に必要とされる額が3,000万円から1億円まで大きな幅がある理由は何でしょうか?

最大の理由は、ライフスタイルの違いです。ゆとりある老後を過ごすためには、毎月約35万円必要という調査もあります。

そうなると、年金と貯蓄だけに頼る手法では、不安を払拭するのに限界があるといえそうです。

生涯働くしかないのか

健康的な高齢者は着実に増加しています。そのため働くとしたらなんとかなるかもしれません。生涯現役を想定しているのであれば660万円の貯蓄が目安となってきます。

しかし稼ぎすぎないよう注意することも必要です。

どうしてかというと制度の影響で年金と給与(総報酬)の合計が月47万円を超えた場合、年金支給額が減額されてしまうからです。

超過額の半額が年金から減額されます。

老後を生き抜くには?

年金支給額は将来減額される可能性もあるため、年金だけで支出額を賄うことは今後ますます難しくなっていくといわざるを得ません。

しっかり貯蓄をしつつ、年金以外の収入を確保するために早めに準備をしておくと良いでしょう。

TOPページを見る